審査が甘いクレジットカードランキング

低金利・限度額大で大口融資の「おまとめローン」で消費者金融やキャッシングを借り換え・一本化

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 審査が甘いクレジットカードランキング トップページ |

VISA?JCBってなに? (クレジットカードのブランドを理解しよう)

VISA?JCB?それともMASTER?初めてクレジットカードを申込しようとい方に、ブランドの種類や特徴を紹介します

クレジットの国際ブランドは下記の5つです
■ VISAカード
■ Mastercard「マスターカード」
■ アメリカン・エキスプレス・カード「アメックス」
■ JCBカード
■ DinersClub「ダイナーズクラブ」
この5社以外の会社は、この5社と提携してブランドマークを借りてカードを発行しています。なので○○VISAカードとなるのです。それでは次にこの5種類のクレジットカードがどのような特徴を持っているのかを紹介します

■ VISAカード 「海外はもちろん日本でもトップクラスのシェアを誇る」
現在、世界でもっとも普及している国際ブランドが「VISA」です。加盟店も日本・世界的にも非常に多く、クレジットカードを持っていない場合であれば、とりあえず最初の1枚はVISAのカードを作るべきでしょう。現在、日本国内は普及し終わっており、クレジットカードが利用できる店舗であればほとんど利用できます。様々な会社から提携クレジットカードが発行されているので、自分の目的にあったクレジットカードを選択することが可能です。

■ JCBカード 「国内での利用は申し分なく地方などではJCBしか使えない店も」
日本発の国際ブランドであると同時に世界で唯一アメリカ系ではない国際ブランドです。アジア各国を中心に加盟店を増やし、韓国や台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイなどではVISAやMaster並みの加盟店があります。日本最大のカード会社であるため国内での利用は申し分なく、最大の人気の理由は海外における日本人向けのサポートが非常に充実しており、一般カードであってもそのサービスを受けられることです。

■ Mastercard(マスターカード) 「特にヨーロッパで強いカード・海外旅行には重宝」
世界的にはVISAと並ぶ2大ブランド。特にヨーロッパで強いカードと言われています。加盟店の数ではVISAを上回っており、世界最大のネットワークを誇ります。まれに「マスターカードは利用できるがVISAは利用できない店」、逆に「VISAは利用できるがマスターカードは利用できない店」がありますが、もし迷った場合にはVISAとマスターカード両方申込したほうがいいでしょう。日本ではほぼ普及しており、クレジットカードが利用できる店舗であればたいていは利用できます。

■ アメリカン・エキスプレス(アメックス) 「欧米に強く、利用限度額を設定していない」
細かく細分化されたカードのグレードとそれに応じた年会費の高さが特徴。自社発行のカードにグレードに応じた利用限度額を設定していない。欧米に強くヨーロッパでもシェアを拡大しつつある。日本ではクレディセゾンにライセンス供与を行なっており、最近ではJCBと提携してJCB加盟店でも利用できるようになったので日本・アジアでも使い勝手の良いカードになったのは嬉しい。CM・雑誌での広告も頻繁に行っていてシェアを積極的に拡大している。

■ DinersClub(ダイナーズクラブ) 「ステータスが高いブランドカード」
世界で最初に登場したクレジットカード。会員には企業経営者やエグゼクティブ層が多い。自社発行カードに利用限度額を設定しておらず、ゴールドカード以下のカードは発行していない。そのせいか、一般店の加盟店は少なく、高級店を中心に利用可能店が多い。このためステータスが高いブランドといわれている。加盟店は他のブランドと比べると少ないのは否めないが、サービスに関しては、国内と海外の両方で非常に充実したサービスを受けることができます。
スポンサーサイト
| 審査が甘いクレジットカードランキング トップページ |


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。