審査が甘いクレジットカードランキング

低金利・限度額大で大口融資の「おまとめローン」で消費者金融やキャッシングを借り換え・一本化

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 審査が甘いクレジットカードランキング トップページ |

審査基準の目安・クレジットカードを申し込む際のコツ

クレジットカードを申込する際に、最低限、次の4つを満たせば審査は通りやすくなります。

審査基準の目安はこの4つだけなんです
(1)申込欄は誤字・脱字の無いよう丁寧に入力し、空欄が無いようにすべて埋める
(2)勤続年数と居住年数は最低でも1年以上は欲しい
(3)年収は最低でも200万円以上は欲しい
(4)自宅電話(固定電話)が無くても確実に連絡のつく携帯電話番号を入力する

クレジットカードの審査というのは、申込欄の項目をスコアリングして一定のスコアをクリアした場合に発行される仕組みになっています。 まず、(1)は以外と知られていないコツですが非常に重要です。例えば、30歳未満のフリーターなのに年収が1000万円などと、いい加減な情報を入力したり、 空欄にして申込むだけで通るものも通らなくなってしまいます。例え審査が甘いといってもです。

(2)~(3)に関して、クレジットカード会社は「本当かどうか」 を調べることはしません。つまり裏付けをとらないので、申込者の申告をそのまま審査に反映します。 (審査の厳しいクレジットカード会社は住民票を取って調査します)

裏技的な話しとして、勤務先の電話で在籍確認さえ取れれば 「正社員か派遣社員かフリーターか学生バイトか」 ということをクレジットカード会社は確認しません。 ですので本業は大学生なのに、バイト先を勤務先として社員で働いてると申告してクレジットカードを申込むユーザーも居ます。

在籍確認の際に、申込者本人が勤務先の電話に出た場合は電話口で生年月日の確認を求められます。申込者本人が勤務先に不在の場合は電話口に出た従業員が「今日は〇〇君は休みです」 というやりとりにて勤務先の在籍確認が取れた(OK)とみなされます。なお、審査が厳しいクレジットカード会社は電話口に出た人に勤務年数を確認します。

2~3年先の見込み年収を申告したり勤務年数を若干増やして申告する程度ならまだしも極端な虚偽申告は社会人としてあるまじき行為ですから辞めましょう。 フリーター、水商売、パートの方は最初に書いた、4つの審査基準の目安を参考にしていただき、学生さん、主婦はそれぞれのご身分をそのまま申告して申し込んでください。

無職の方でも審査が通ったケースを参考までにご紹介しておきます。 例えば田中さん(仮名)という無職の方のケースですが、職業を「自営業」にして、会社名 を「田中商店」、会社電話番号と会社住所を自宅と同じ、年収を400万円程度、勤続年数 を3年程度、従業員数は2人程度、業種をご自分の趣味のダーツ販売(通信販売業)にする といった例で実際にクレジットカードが発行されました。

クレジットカード会社はクレジットカードの発行枚数を増やし、使ってくれる人を増やすことで 利益を得ますから、踏倒そうという悪意をもった人以外には寛大です。 しかし私はクレジットカード会社に勤務する人間として、この方法はオススメしません。 なぜなら返済能力が無いのにお金を借りるという行為自体、いずれ無理が生じて痛い目に合うからです。

なお、ネットからのクレジットカード申込の場合は身分証明書の提出が不要です。 その代わりに「本人限定郵便」といってクレジットカードの受け取りの際には配達に 来た郵便局員による身分証明の確認があり、以下の証明をいずれか1点提示する 必要があります。

◆運転免許証 ◆旅券(パスポート)◆健康保険、国民健康保険、船員保険等の被保険者証 ◆共済組合員証 ◆年金手帳 ◆官公庁及び特殊法人の身分証で写真付のもの ◆公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障害者手帳等)

この際に現住所と身分証明書の住所地が違う場合は公共料金の領収書を同時に提示 すれば問題ありません。確認される場所は「氏名」「住所」「生年月日」「記号・番号」の4点のみです。 免許証の裏に記載された住所変更の日付などは確認しません。※ネット以外の申込みの場合は身分証明のコピーの添付が必要となりますので、居住年数など細かくチェックされます。
| 審査が甘いクレジットカードランキング トップページ |


アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。